「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

新設サイト⇒ 漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告サポートサイト
[PR]
# by m-kanpo | 2015-09-18 23:56 | 管理サイトの詳細

漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告の全カテゴリ

これだけ膨大なカテゴリを擁するブログ。
それもそのはず、記事自体が既に千五百を遥かに上回る。これを整理するにはカテゴリを細かく分ける必要を感じてようやく3分の2程度の整理が終わったものの、まだ数ヶ月かかるかもしれない。
ただ、これだけの膨大な数になると、検索にはかかりにくくなって却って不利である。記事が多ければ多いほど有益なように感じるのだが、検索にとっては真逆で大いに不利になるのが現実である。
相変わらず軽薄短小が好まれ、重厚壮大は忌み嫌われる風潮に変わりは無い。とりわけネット社会は軽薄単調の最先端を行く時代であろう。

サイトマップ

村田漢方堂薬局の漢方相談の流儀

奇妙な電話・迷惑電話・お気楽電話・無礼な電話はサヨウナラ

お気軽やお気楽、迷っている人・無礼な人・クレーマー予備軍の漢方相談お断り

とんでもない話や、信じられない困った話

ありがた迷惑な話

ウチダの生薬製剤二号方と丹心方

漢方薬の即効例

漢方常備薬および漢方薬長期連用による効用について

大柴胡湯や茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の真実

肺小細胞癌(小細胞肺癌)

肺腺癌

肺癌

慢性リンパ性白血病

悪性リンパ腫・胃マルトリンパ腫

骨髄異形成症候群

急性骨髄性白血病など血液の悪性疾患(血液癌)

印環細胞癌によるスキルス胃癌

胃癌・食道癌

癌性腹膜炎・腹膜播種・腹水や胸水

悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌

抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題

大腸癌

肝臓癌と肝硬変

子宮頸癌や子宮体癌・卵巣癌

脳腫瘍

膵臓癌および胆管癌や胆道癌

乳癌

膀胱癌・前立腺癌

慢性前立腺炎・前立腺肥大・前立腺癌・副睾丸炎(慢性精巣上体炎)

心筋梗塞および狭心症

慢性肝炎、ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)

慢性腎炎および腎機能低下や腎不全

脊髄小脳変性症

線維筋痛症

慢性疲労症候群(CFS)

脳脊髄液減少症および交通事故後遺症

浮腫(むくみ)・腹水

ヘルペス:帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛や性器ヘルペスや口唇ヘルペスなど

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

逆流性食道炎・胃痛・胃潰瘍・十二指腸潰瘍および萎縮性胃炎

アトピー性皮膚炎や慢性湿疹など痒みを伴う皮膚病

コリン性蕁麻疹

五十肩や肩凝りおよび各種の疼痛、鈍痛、疝痛・シビレなど

熱中症や冷房病

不整脈(心房細動など)を伴う拡張性心筋症などの心疾患

不妊症および各種婦人科疾患(生理痛や月経周期の異常など)

尋常性乾癬・乾癬性関節炎(関節症性乾癬)

風邪やインフルエンザ

若返りや美容関連

飛蚊症

ダイエットや肥満症

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣チョコレート嚢胞・子宮腺筋症・卵巣嚢腫

花粉症・アレルギー性鼻炎・蓄膿症(慢性副鼻腔炎)・後鼻漏

各種膠原病や関節リウマチやシェーグレン症候群など(

膀胱炎・間質性膀胱炎・尿路結石・ 腎臓結石/排尿異常(尿失禁・頻尿・閉尿)

パニック障害(不安神経症)やストレス症候群

細菌感染やウイルス感染

メマイやフラツキ、耳鳴や頭鳴など、あるいはメニエール氏症候群など

糖尿病

更年期障害・自律神経失調症や不定愁訴症候群

高血圧

潰瘍性大腸炎・クローン病

酒さ(酒皶)・赤ら顔・酒さ様皮膚炎・ステロイド酒さ

吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎

脳梗塞、脳出血、蜘蛛膜下出血、脳幹出血などの後遺症

糖尿病性腎症・腎不全

蕁麻疹

中耳炎(滲出性中耳炎・真珠腫性中耳炎など)

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛・坐骨神経痛や腰冷え

慢性気管支炎・気管支拡張症・気管支喘息・咳喘息・など呼吸器系疾患

下肢の疾患(下肢静脈瘤・深部静脈血栓・変形性膝関節症など)

顎骨骨髄炎・慢性骨髄炎・肺膿瘍・肝膿瘍

下痢や便秘・過敏性大腸炎・腹痛・腹鳴・腹満・おなら(ガス)

常習便秘症

各種貧血症および各種紫斑病および疲労困憊状態

頭痛・肩凝り・むかつきや吐き気・嘔吐・めまい・ふらつき

胆石症・胆嚢炎・脂肪肝・肝機能障害・慢性膵炎

眼科疾患(白内障・緑内障・黄斑変性症・網膜色素変性症など)

円形脱毛症や薄毛

補中益気湯や六君子湯中の白朮を蒼朮で代用する錯誤問題

病院の漢方薬

間違いや問題の多い日本の漢方と漢方薬

日本漢方の情けない現状と限界

医者の常識は世間の非常識

大建中湯の誤投与による不快反応や副作用

小青竜湯の誤投与や乱用による不快反応や副作用

桂枝茯苓丸の有用性と副作用

病院の保険漢方による誤投与あるいは危険な配合

十味敗毒湯(十味敗毒散)が合わないと逆効果を生じやすい問題

防風通聖散の誤用による不快反応や副作用

医師や歯科医師による合成医薬品の誤投与問題

温め療法や温補薬による弊害

漢方薬の素人療法は怪我の元

白虎加人参湯が合わないとき

岩盤浴や朝鮮人参・ニンニク・乾燥生姜など温め療法の弊害

小青竜湯と麦門冬湯の違い

中医漢方薬学問答

漢方と漢方薬関連の御質問

漢方薬や中医学の学習方法および懐かしい拙論

使用頻度が増加中の漢方薬方剤

繊細でデリケート?なヒゲ薬剤師

中医漢方薬学

村田漢方堂薬局の近況

日本残酷物語

日本人としての自覚の問題

漢方相談室での談話風景

漢方相談に疲れたあとに癒される桃源郷

哲学の煙(けむり)と漢方薬

日本の漢方関連医学・薬学史問答

相互リンク(医歯薬健康関連)

相互リンク(相互リンク専門)

相互リンク集(検索エンジン)

[PR]
# by m-kanpo | 2012-07-20 00:01 | 村田漢方堂薬局の近況報告ブログ

アトピー漢方専門ブログ

本命だったアトピー漢方専門サイト:成人型重症アトピー性皮膚炎治療の漢方薬が、ほとんど検索にかからなくなってしまったので、ブログで頑張ることにした。

新規オープンしたブログは、

アトピー漢方専門ブログ

この新規のブログも、もともと従来から長く続いている二つのブログのアトピー性皮膚炎の漢方薬のカテゴリ


上記の二つをそのまま受け継いだ形となる。
[PR]
# by m-kanpo | 2012-06-22 20:23 | アトピー漢方専門サイトとブログ

アトピー漢方専門サイト

 先日から村田漢方堂薬局のアトピー漢方専門サイトの手直しをしていたら、いつの間にか検索にほとんどかからなくなってしまった。

 内容を少しずつ充実していくつもりが、滅多なことでは迂闊に修正することもできないらしい(泣。

 タイトルをやや変更して、

村田漢方堂薬局のアトピー漢方薬専門サイト

 としたが、サイとの紹介文にはしっかりと「成人型重症アトピー性皮膚炎治療の漢方薬」の直接面談による相談販売をしていることを明記している。

カテゴリ内容は以下の如し。

メニュー

トップページ
アトピーと漢方基礎理論
現代の漢方と漢方薬の問題点
アトピーの共通性と個別性
アトピー治療に失敗する人達
漢方薬とステロイド外用薬
アトピーは飽食病である
日用品の点検と整理も不可欠
アトピーの漢方薬+自然療法
自費の漢方と自然療法の経費
漢方薬によるアトピーの実績
薬局へのアクセス
村田漢方堂薬局の概要
漢方関連サイト相互リンク
検索エンジン相互リンク集
SEO対策相互リンク集
バナー相互リンク集
☆お問合せフォーム
ご質問フォーム


 これまでこのサイトのお陰で重症のアトピーの人が村田漢方堂薬局に辿りついて寛解して行かれた人が多数おられるのに、惜しいことである。

 ところで世の中のアトピー専門サイトやブログ類には、さかんに「完治、かんち、カンチ、完治」という言葉が飛び交っているが、一定レベル以上に悪化したアトピー性皮膚炎が、ちょとやそっとで完治するわけがないと思うのだが・・・。

 完治は無理でも完全寛解に近い状態を維持することが最も現実的な話だと思う。

 人生、たかだか100年以内。どうころんでも数十年間にもわたって苦しんだアトピー性皮膚炎が、ネット上で飛び交う「完治」というのはあまりに無理がありすぎるように思われるのだった。


_IGP0030
_IGP0030 posted by (C)ヒゲジジイ
[PR]
# by m-kanpo | 2012-05-29 14:44 | アトピー漢方専門サイトとブログ

メインサイトが回復!

 ダウンしていた漢方薬・村田漢方堂(村田漢方堂薬局)サイトが無事回復した。

 めでたし、メデタシ。

IMGP4978
IMGP4978 posted by (C)ヒゲジジイ
[PR]
# by m-kanpo | 2012-05-04 12:35 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト

メインサイトがダウンして回復が危ぶまれるので・・・

 メインサイトの「漢方薬・村田漢方堂」(村田漢方堂薬局)のサイトが完全にダウンした。

 いつ頃回復できるかどうかも分からないので、村田漢方薬局による漢方相談・山口県下関市のサイトに移す必要があるかもしれないが、メインサイトの膨大な量をいまさら移転するきにはなれない(涙。

 繰り返しの愚痴になるけど、今後は貧弱な村田漢方薬局による漢方相談・山口県下関市をメインサイトにする必要があるかもしれない(爆涙。

 後日、回復した。

ZZZZ4510
ZZZZ4510 posted by (C)ボクチンの母
[PR]
# by m-kanpo | 2012-04-30 14:02 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト

メインブログは「漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告」だが

IMG_4251
IMG_4251 posted by (C)ボクチンの母


村田漢方堂薬局のメインブログは、漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告だが、昨今、検索でかかる率が急激に減っている模様。

ブログを軽視するアルゴリズムに変更された模様。一週間前まで1日の訪問者が700~1,000名であったが、ここ一週間は400人前後に激減している。まあ~っ、どうでもいいけどっ。

IMGP0377
IMGP0377 posted by (C)ボクチンの母
[PR]
# by m-kanpo | 2012-04-29 07:30 | ブログ関連

整体観(整体観念)

 整体観(整体観念) は中医学における基本概念として重要で、人体は体表および各臓腑、各器官、各組織がそれぞれ縦横に連係した有機的な統一体であるとされる。

 同時に、四季折々の季節の推移や気象条件、あるいは生活環境などの変化が、人体の生理・病理に影響を及ぼし、人と外界も有機的に関連した統一体であり、人と自然はともにある、というものである。

 つまり、病気を西洋医学のように局部の病変として捉えるのではなく、必ず人体全体の有機的な関連性を重視し、外界の自然現象や環境変化との有機的な関連性についても重視する考え方である。

 それゆえ、頭痛を治療するときに、頭痛薬を投与するのは、中医学や漢方世界では愚の骨頂とされる。
[PR]
# by m-kanpo | 2008-04-25 15:36 | 中医学基礎理論

新設サイト「間違いだらけの漢方と漢方薬」

間違いだらけの漢方と漢方薬・漢方とは中国から伝来した医術や薬術であり、漢方薬は漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬(治療薬)である。

 日本の漢方界への遺言サイト
[PR]
# by m-kanpo | 2008-04-17 09:13 | 管理サイトの詳細

芎帰調血飲 と 芎帰調血飲第一加減

 芎帰調血飲 と 芎帰調血飲第一加減 では、断然後者の方が応用範囲が広く、とても重宝な方剤である。

芎帰調血飲 の処方内容は、

当帰 川芎 地黄 白朮 茯苓 陳皮 香附子 牡丹皮 大棗 乾姜 甘草 鳥薬 益母草


芎帰調血飲第一加減 は、上記の薬味にさらに、
白芍薬 桃仁 紅花 牛膝 枳殻 木香 延胡索 肉桂 が加わっている。それゆえ、応用範囲は抜群に広く、たとえばこれに丹参が加われば、小生が製品開発を指導したウチダ和漢薬の「生薬製剤二号方」の薬味がすべて含まれることになる。

[PR]
# by m-kanpo | 2007-02-18 08:11 | 漢方処方