書評欄の再編成に悩む村田漢方堂薬局サイト

いま、一番悩んでいるのは、

漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局

におけるヒゲ薬剤師の書評である。

ページ内に沢山の書評を詰め込んでいるから、サイトを訪問して下さった方には発見しにくいし、のみならず書評対象の書籍名を検索しても上位に検索されにくいので、埋もれたままの状態に近い。

とりわけ、医学・薬学系の取り上げた書評は重要なものが多いだけに、もっと世間様の目に触れて欲しいと思う。

だから、各書評を一つずつ別ページに分割していけば、書籍名がそのままタイトルとして使用できるので、最も単純で作業も簡単、悩むこともないのだ。

ところが、このサイトで使用しているソフトとサーバーの都合上、少し特殊で、タイトルが10文字以内と極端な制約があり、不可能なのである。

だから悩むのだ。

そこで、一番手っ取り早いのは、医学・薬学系の書評専門用にブログを借りて、書評欄の中身だけを移転させ、思う存分、長いタイトルを打ち込んで、「ヒゲ薬剤師の書評」欄の目次にリンクさせるという方法を考えている。

これが一番の解決方法のように思えるのだが、移転し終わったあとのこのブログの後が続くか、というと、そうポンポンと医薬・薬学系の書評を追加投入できるほどの時間と能力がない。

ということは、移転作業が終わったあとの更新が、ほとんどなされないままの期間が長く続く懼れが多分にある。

だから悩んでいる。

また、趣味の文学系の書評も混じっているだけに、それらの移転先の問題もある。

私に影響を与えた良書・悪書・珍書・奇書・希書

ここに文学系の書評を移転させるという手もあるが、南木佳士氏や中島義道氏の作品に対する書評は、文学にも医学・薬学系にも、両者にまたがっているものもあるから、これらの扱いにも迷ってしまう。

そんなこんなで、随分前から様々に考えているにも拘らず、何も出来ずに思案ばかりし続けている。

何かよい方法はないか、あれかこれか、と考えては、結論が出ずに何も出来ずにいる。
[PR]
by m-kanpo | 2005-11-19 14:09 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト
<< ブログで一つだけタイトルが二転... ブログの更新のための時間が足りない! >>