パンくずリストを掲載した為にか?検索順位を一気に下落させた村田漢方堂薬局サイト!

村田漢方堂薬局サイトはカテゴリが多く、昨年末からご訪問者の常連さんのお一人から、どのページにいても現在位置が分りにくいという苦情を頂いていた。

どうにかしないといけないなあ~~と思いつつ、忙しさに紛れて今日まで放置していたが、先日思い切って、各ページの最上段にパンくずリストを掲載したのであった。

この処置はSEO的にはかなり効果があるとも聞いていたので、一石二鳥を狙って行った更新であったが、どうも裏目に出てしまったようだ。

たとえば、

漢方薬村田漢方堂薬局>>漢方薬専門の論文集>>注意が必要な漢方薬

というような形態で、ご訪問者に分りやすいパンくずリストが出来上がったと喜んでいたら、Googleで常に、漢方と漢方薬という最重要キーワードで、常に上位4位前後、すくなくとも長期間10位以内を保っていたのが、急に下落して十番台に後退してしまった。

のみならず、激しい下落を生じたのはYahoo!検索である。それぞれのキーワードで、数十番以下の落ち込みである。
しばらく前までは、Yahoo!検索でもほとんど10番以内を維持していたのが、よかれと思って行ったパンくずリストの掲載によって激しい下落を見たのであった。

しかしながら、ご訪問者にとっては、随分便利なこのパンくずリスト。イマサラ引っ込める気にもならず、ご訪問者本位のサイトを作るべきだとは、常にGoogleさんも指導されていることなのだから、ここは我慢のしどころ。

もしかして、まだ修正点があるとしたら、ヘッダーにも掲載している

漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局

と、パンくずリストの漢方薬村田漢方堂薬局

が連続してしまうのを検索エンジンではやりすぎだぞ、マイナス点を加えたのかも、と推測して、

トップページ>>漢方薬専門の論文集>>注意が必要な漢方薬

というように、「漢方薬村田漢方堂薬局」を撤去して、「トップページ」に入れ替えることにした。
これでより見易い表示になったと思われるので、当分このままを継続したいと思っている。

それでも検索順位が下落したままというのなら仕方がない。
ご訪問者により親切な工夫をすることで、却って検索順位を落としたところで、半数に激減したご訪問者に対しては、以前よりは明らかに現在位置がとっても分りやすいサイトになったのだから。

検索順位ばかりを気にしたサイト作りは、本末転倒であることは言うまでも無いことなのだから。
[PR]
by m-kanpo | 2006-04-26 11:28 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト
<< 村田恭介著「求道と創造の漢方」... 新カテゴリ「漢方相談事例:病名... >>