平肝熄風薬(へいかんそくふうやく)

内風をおさめる薬物を熄風薬(そくふうやく)というが、平肝熄風薬(へいかんそくふうやく)というように、熄風薬とは平肝熄風薬の略語に過ぎない。

 肝経に入って肝陽を平定して内風を平熄する性質を有するのが熄風薬の特長であるから、「平肝熄風薬」というのが正確であろう。

[PR]
by m-kanpo | 2006-08-16 11:31 | 漢方用語
<< 茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) 潞党参 (ろとうじん) >>