<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

村田恭介著「求道と創造の漢方」の紹介記事

村 田 恭 介 

求道と創造の漢方

46判  320頁  本体価格 1800円+税  〒 290円

険しい道に真正面から取組むことの中から、創造的で自在な漢方の道が開かれる。

 人生は苦しく、恥多く、空しきものである。

 何のために人は生きるのか?

 生きることの意味を尋ね、遮二無二求める先に禅が見出され、禅修業の先に漢方があつた。そして漢方をもって人の命を救うことに全霊を捧げることの中から、ようやく生きることの尊さが見えて来た。
 人間が真に生きることの尊さを知ることができるのは、我以外の多くの人の、悩み苦しみを柔らげることに役立ちうるとの自覚が芽ばえた時である。
 結局漢方をきわめることは、人を救い自らを救う道に他ならない。
 そして人を救い、自らを救うことに通ずる道は、かたくなに一法に固執することではないと悟る。
 漢方に古方あり後世方あり、日本的漢方、中医的漢方、随症単一処方、合方、加減方あり、或いは西洋医学的病名処方にも有効性を見出すことができる。
 道は険しいが真剣に取組むことによって一歩一歩道が開け、先人の歩んだ道のさらに先に創造的で自在な境地が開けて来た。
 これは真剣な探求と実践によって得られた漢方道の確証の記憶であり、漢方研究家、愛好家にとって必見の啓蒙書である。

   目次の大要

序章「術としての漢方」「学としての漢方」

Ⅰ経験例


1 発表系薬湯による治験例


2 瀉下系薬湯による治験例


3 利水系薬湯による治験例


4 活血、駆?血系薬湯による治験例


5 中和系薬湯による治験例


6 補益系薬湯による治験例



Ⅱ薬湯随想


1 柴胡桂枝湯について


2  加味逍遙散加桂枝桃仁について


3 温経湯と手の皮膚病


4 疎肝湯について(1)


5 疎肝湯について(2)


6  帰耆建中湯加苓朮について


7 補気建中湯について─ガンに対する漢方治療


8 甘草瀉心湯と半夏瀉心湯


9 ニキビの良薬、白?升麻湯について


10 小柴胡湯合桂枝茯苓湯の頭部打撲・ムチウチ損傷による後遺症に対する効果について(治打撲一方との比較及び田七)


11  竜骨を用いた処方


12 処方雑感


13  著効例の多い新処方の試み



Ⅲ中草薬への考察


1 党参  2 金銀花  3 蒲公英  4 夏枯草 5 延胡索


6 連銭草(金銭草)  7 田七  8 赤芍  9 白茯苓


10  綿黄耆  11 茵?高  12 莪朮と三皮稜  13 麦門冬



Ⅳ漢方遇感


1  西洋医と患者と漢方と  2 漢方と漢文  3 漱石枕流


4 心身医学  5 合方・加減方について


6 大塚敬節先生の私淑者としての思い出

[PR]
by m-kanpo | 2006-04-28 23:44 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト

パンくずリストを掲載した為にか?検索順位を一気に下落させた村田漢方堂薬局サイト!

村田漢方堂薬局サイトはカテゴリが多く、昨年末からご訪問者の常連さんのお一人から、どのページにいても現在位置が分りにくいという苦情を頂いていた。

どうにかしないといけないなあ~~と思いつつ、忙しさに紛れて今日まで放置していたが、先日思い切って、各ページの最上段にパンくずリストを掲載したのであった。

この処置はSEO的にはかなり効果があるとも聞いていたので、一石二鳥を狙って行った更新であったが、どうも裏目に出てしまったようだ。

たとえば、

漢方薬村田漢方堂薬局>>漢方薬専門の論文集>>注意が必要な漢方薬

というような形態で、ご訪問者に分りやすいパンくずリストが出来上がったと喜んでいたら、Googleで常に、漢方と漢方薬という最重要キーワードで、常に上位4位前後、すくなくとも長期間10位以内を保っていたのが、急に下落して十番台に後退してしまった。

のみならず、激しい下落を生じたのはYahoo!検索である。それぞれのキーワードで、数十番以下の落ち込みである。
しばらく前までは、Yahoo!検索でもほとんど10番以内を維持していたのが、よかれと思って行ったパンくずリストの掲載によって激しい下落を見たのであった。

しかしながら、ご訪問者にとっては、随分便利なこのパンくずリスト。イマサラ引っ込める気にもならず、ご訪問者本位のサイトを作るべきだとは、常にGoogleさんも指導されていることなのだから、ここは我慢のしどころ。

もしかして、まだ修正点があるとしたら、ヘッダーにも掲載している

漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局

と、パンくずリストの漢方薬村田漢方堂薬局

が連続してしまうのを検索エンジンではやりすぎだぞ、マイナス点を加えたのかも、と推測して、

トップページ>>漢方薬専門の論文集>>注意が必要な漢方薬

というように、「漢方薬村田漢方堂薬局」を撤去して、「トップページ」に入れ替えることにした。
これでより見易い表示になったと思われるので、当分このままを継続したいと思っている。

それでも検索順位が下落したままというのなら仕方がない。
ご訪問者により親切な工夫をすることで、却って検索順位を落としたところで、半数に激減したご訪問者に対しては、以前よりは明らかに現在位置がとっても分りやすいサイトになったのだから。

検索順位ばかりを気にしたサイト作りは、本末転倒であることは言うまでも無いことなのだから。
[PR]
by m-kanpo | 2006-04-26 11:28 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト

新カテゴリ「漢方相談事例:病名編」を新設した漢方薬村田漢方堂薬局サイト

本日、村田漢方堂薬局サイトにおいて、

漢方相談事例:病名編

を新設した。
主要な病名だけはすでに書き上げて公開しているが、将来もっと追加記載する必要がある。

ところで22日のYahoo!の更新では、「漢方」と「漢方薬」において、

漢方薬村田漢方堂薬局

の検索順位が一気に下落してしまった。

アルゴリズムを変えられれば、突然の下落はあり得ることだから、一喜一憂しても仕様がない。

一つのゲームと思って楽しむのが一番いいのだろうよ。
[PR]
by m-kanpo | 2006-04-23 13:19 | 漢方薬村田漢方堂薬局サイト

関連ブログでもっとも人気があるのが「漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記」!

関連ブログの中では、このブログなんかは気楽に毎日でも更新できるのに、最近では一ヶ月に一度の更新がやっとというくらいに方が凝り始めてしまったヤツっ!

漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記

専門家向けに方剤のコツをコツコツと書いていくつもりだが、よほど気持ちが乗らないと書けない。

文体が気楽そうだから、いかにも気軽に書いているようだが、書き始めるまでのエネルギーの充電が相当に必要なのだった。

書き始めると、一気呵成に書けるのだが、気乗りがしない時には絶対に手を出さない様にしている。
やさしく書いているようでも、専門家でなければその機微はつかめないだろう。

関連ブログの中では、クリック数が順調に伸びており、本日などは100人を越えそうだ。
書いてるこのブログよりも、よっぽど人気があるみたいだけど、どのような方が訪問されるのか、一割前後が常にリピータという統計が出ている。

ブログ部門>医療&健康 ランキング☆ナビ

それに引き換え、一頃は150人は訪問者のいた親サイト、
村田漢方堂薬局 は、昨今さっぱりで70~80人程度。

まあ~~、ゲームですけどね。
[PR]
by m-kanpo | 2006-04-11 22:43 | 管理サイトの詳細