<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

呉茱茰湯(ゴシュユトウ)の覚え書き

 呉茱茰湯(ごしゅゆとう)の効能は、市販される医薬品としての漢方エキス製剤においては、

 みぞおちが膨満して、手足が冷えるものの次の諸症: 頭痛、頭痛に伴うはきけ、しゃっくり

と、かなり的確である。これを中医学的にはどのような方剤として捉えられているか、四川科学技術出版社発行の『中医方剤与治法』から、一部を拙訳にて以下に御紹介する。
  呉茱萸湯(《傷寒論》)

 【薬物構成】 呉茱萸 生姜 人参 大棗
 【用法】 水煎し、三回に分けて服用。
 【主治】 肝胃虚寒による乾嘔・よだれや唾が多い・頭頂部痛・胃脘部や腹部の疼痛・舌質が淡・舌苔は白滑・脉は弦遅。
 【分析】 頭頂部痛・胃脘部や腹部の疼痛・嘔吐が本方の主症で、病機は肝胃虚寒である。舌質が淡・舌苔が白・脉が遅などは虚寒証の反映である。足厥陰肝経の経脉と督脉は頭頂で会するので、頭頂部の疼痛は厥陰肝経の病であり、胃脘部や腹部の疼痛・悪心・嘔吐などは陽明胃腑の病である。それゆえ、臓腑経絡弁証によれば病変部位は肝胃と確定できる。舌質が淡・舌苔が白・脉が遅などは虚寒の徴候であるから、八綱弁証によると病性は虚寒に属すると確定される。このように、頭頂部の疼痛・胃脘部や腹部の疼痛・嘔吐は、肝胃虚寒・濁陰上逆によって生じるのである。
 【病機】 肝胃虚寒・濁陰上逆。
 【治法】 温中降逆法。
 【方意】 苦・辛・大熱の呉茱萸は温肝の主薬で、とりわけ温胃散寒・降逆止嘔の重要薬物であるから、厥陰の頭痛・陽明の嘔吐で虚寒証に属するものに止嘔・止痛作用がある。生姜は呉茱萸の温胃降逆作用を助け、人参・大棗は補虚安中するもので、これらによって温中降逆の方剤となる。
 《金匱翼》に「内生の寒、温に必ず補を兼ぬ」とあり、本方が治す肝胃虚寒は肝胃自身の陽虚で、当帰四逆湯証の外寒内犯による場合とは一定の違いがある。それゆえ、当帰四逆湯証では温散、本方では温補を重視し、意義内容が異なるので注意を要する。
 【応用】
 1.《聖済総録》に、人参湯(呉茱萸湯のこと)は「心痛を治す」とある。本方は十二指腸潰瘍に有効であることから、ここでいう心痛とは胃脘部の疼痛を指すものと思われる。
 2.《方函口訣》には「此ノ方ハ濁飲ヲ下降スルヲ主トス。故ニ涎末ヲ吐スルヲ治シ、頭痛ヲ治シ、食穀欲嘔ヲ治シ、煩躁吐逆ヲ治ス。『肘后』ニテハ吐醋嘈雑ヲ治シ、後世ニテハ噦逆ヲ治ス。凡ソ危篤の症、濁飲ノ上溢ヲ審ラカニシテ此ノ方ヲ処スルトキハ、其ノ効挙ゲテ数ヘガタシ。・・・・・・・久腹痛、水穀ヲ吐スル者、此ノ方ニ沈香ヲ加ヘテ効アリ。又、霍乱後、転筋ニ、木瓜ヲ加ヘ大イニ効アリ」とある。

[PR]
by m-kanpo | 2006-09-10 12:28 | 漢方処方