呉茱茰湯(ゴシュユトウ)の覚え書き

 呉茱茰湯(ごしゅゆとう)の効能は、市販される医薬品としての漢方エキス製剤においては、

 みぞおちが膨満して、手足が冷えるものの次の諸症: 頭痛、頭痛に伴うはきけ、しゃっくり

と、かなり的確である。これを中医学的にはどのような方剤として捉えられているか、四川科学技術出版社発行の『中医方剤与治法』から、一部を拙訳にて以下に御紹介する。
  呉茱萸湯(《傷寒論》)

 【薬物構成】 呉茱萸 生姜 人参 大棗
 【用法】 水煎し、三回に分けて服用。
 【主治】 肝胃虚寒による乾嘔・よだれや唾が多い・頭頂部痛・胃脘部や腹部の疼痛・舌質が淡・舌苔は白滑・脉は弦遅。
 【分析】 頭頂部痛・胃脘部や腹部の疼痛・嘔吐が本方の主症で、病機は肝胃虚寒である。舌質が淡・舌苔が白・脉が遅などは虚寒証の反映である。足厥陰肝経の経脉と督脉は頭頂で会するので、頭頂部の疼痛は厥陰肝経の病であり、胃脘部や腹部の疼痛・悪心・嘔吐などは陽明胃腑の病である。それゆえ、臓腑経絡弁証によれば病変部位は肝胃と確定できる。舌質が淡・舌苔が白・脉が遅などは虚寒の徴候であるから、八綱弁証によると病性は虚寒に属すると確定される。このように、頭頂部の疼痛・胃脘部や腹部の疼痛・嘔吐は、肝胃虚寒・濁陰上逆によって生じるのである。
 【病機】 肝胃虚寒・濁陰上逆。
 【治法】 温中降逆法。
 【方意】 苦・辛・大熱の呉茱萸は温肝の主薬で、とりわけ温胃散寒・降逆止嘔の重要薬物であるから、厥陰の頭痛・陽明の嘔吐で虚寒証に属するものに止嘔・止痛作用がある。生姜は呉茱萸の温胃降逆作用を助け、人参・大棗は補虚安中するもので、これらによって温中降逆の方剤となる。
 《金匱翼》に「内生の寒、温に必ず補を兼ぬ」とあり、本方が治す肝胃虚寒は肝胃自身の陽虚で、当帰四逆湯証の外寒内犯による場合とは一定の違いがある。それゆえ、当帰四逆湯証では温散、本方では温補を重視し、意義内容が異なるので注意を要する。
 【応用】
 1.《聖済総録》に、人参湯(呉茱萸湯のこと)は「心痛を治す」とある。本方は十二指腸潰瘍に有効であることから、ここでいう心痛とは胃脘部の疼痛を指すものと思われる。
 2.《方函口訣》には「此ノ方ハ濁飲ヲ下降スルヲ主トス。故ニ涎末ヲ吐スルヲ治シ、頭痛ヲ治シ、食穀欲嘔ヲ治シ、煩躁吐逆ヲ治ス。『肘后』ニテハ吐醋嘈雑ヲ治シ、後世ニテハ噦逆ヲ治ス。凡ソ危篤の症、濁飲ノ上溢ヲ審ラカニシテ此ノ方ヲ処スルトキハ、其ノ効挙ゲテ数ヘガタシ。・・・・・・・久腹痛、水穀ヲ吐スル者、此ノ方ニ沈香ヲ加ヘテ効アリ。又、霍乱後、転筋ニ、木瓜ヲ加ヘ大イニ効アリ」とある。

[PR]
# by m-kanpo | 2006-09-10 12:28 | 漢方処方

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)

 茵蔯蒿湯の漢字も一部のブログでは漢字が反映されない。そこで、今回も本ブログを文献の貯蔵庫として利用。

 この茵蔯蒿湯については、すでにブログ漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記でも取り上げているが、ここでは中医方剤学上における茵蔯蒿湯の基礎知識を取り上げたい。

 本方の日本における一般漢方製剤としての効能・効果は、
 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症;じんましん、口内炎
 となっている。

 ところで本場中国の中医方剤学では、どのような方剤として考えられているかを知っておくことは専門家としては絶対に不可欠なことであるから、中医方剤与治法(四川科学技術出版社)より拙訳で引用する。

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)≪傷寒論≫

 【組成】 茵蔯  梔子  大黄

 【用法】 水煎し,1日1剤,数剤を連続服用する。

 【主治】 湿熱による黄疸でミカンのような鮮黄色・軽度の腹部膨満感・口渇・舌苔は黄膩・尿量の減少・脉は沈実あるいは滑数。

 【分析】 黄疸には陰黄と陽黄の違いがあり,陽黄は熱に属し,陰黄は寒に属す。陰黄の証では不鮮明で暗い黄疸・唇が淡紅・口中に異常がない・大便が固まらない・脉は遅で微弱であるが,陽黄の証ではミカンのように鮮明な黄疸・腹満・大小便の減少・舌苔は黄膩・脉は沈実あるいは滑数である。本方証は陽黄で熱邪が湿邪よりも重い証型に属する。時疫の邪は口から侵入し,脾胃に客して脾胃の運化機能と肝胆の疏泄機能が失調し,湿邪は停留し熱邪は鬱滞し,湿熱交蒸して外越することも下泄することもできず,熱邪は湿邪の阻遏によってますます盛んになり,湿邪は熱邪に蒸騰されてますます横たわり,少陽に湿熱の壅滞を生じて胆液が熱邪のために漏泄し,肌膚に侵入して黄疸を呈し,身体および目がともに黄色に染まるのである。

 【病機】 湿熱黄疸・熱重於湿

 【治法】 清熱除湿・利胆退黄

 【方意】 本方は黄疸に対する名方である。茵蔯は黄疸に対する主要薬物であり,清熱利湿の効能だけでなく肝胆の解鬱と利胆退黄の効能がある。山梔子を配合すると茵蔯に協力して肝胆の熱邪を三焦を通じて下行せしめ,清熱・利胆・退黄の作用を増強する。苦寒の大黄は瀉熱通腑により,腑気を通暢して湿熱を除去するので黄疸はおのずと消失する。わずか三味の薬物であるが,薬力があり効能も広く,清熱除湿・利胆退黄の作用をよく発揮する。

 方中の大黄には苦寒清熱・利胆通腑・活血行瘀の効能があり,清熱作用を通じて茵蔯・山梔子の清熱解毒作用を増強し,利胆通腑の作用を通じて胆管および腸管を通暢するので,胆汁を正常に腸管に下輸して黄疸が消退するのを助けることができる。また,大黄の活血行瘀の作用を通じて肝の蔵血機能に関与し,血流を通暢せしめるので肝は比較的早く回復し,大きな後遺症を生じない。このように,大黄の作用は無視できないものがある。

 【応用】 近年,本方は主として各種原因によって誘発された湿熱黄疸の治療に用いられている。本方が適応する基本徴候は,眼の強膜の黄染・皮膚の発黄・ミカンのような鮮黄色・茶色の小便・口渇・軽度の腹部膨満・舌質は紅・舌苔は黄膩・脉は滑で有力などである。
 臨床上,以上の症候がみられる急性伝染性黄疸型肝炎・胆嚢炎や胆石症に伴う黄疸にも随症加減して応用する。

 【加減方】
 (1)梔子柏皮湯〔『傷寒論』〕
 [組成] 山梔子 黄柏 甘草
 [用法] 水煎して温服。
 [主治] 身体の熱感・発黄・衄血。
 (2)梔子大黄湯〔『金匱要略』〕
 [組成] 山梔子 大黄 枳実 豆鼓
 [用法] 水煎して温服。
 [主治] 酒黄疸〔飲酒過度による黄疸〕。
 (3)大黄芒硝湯〔『金匱要略』〕
 [組成] 大黄 黄柏 硝石 山梔子
 [用法] 水煎し(煎じ終えた後に硝石を入れる),頓服。
 [用法] 黄疸・腹満・尿量が減少して濃い・自汗。

[PR]
# by m-kanpo | 2006-08-28 00:44 | 漢方処方

平肝熄風薬(へいかんそくふうやく)

内風をおさめる薬物を熄風薬(そくふうやく)というが、平肝熄風薬(へいかんそくふうやく)というように、熄風薬とは平肝熄風薬の略語に過ぎない。

 肝経に入って肝陽を平定して内風を平熄する性質を有するのが熄風薬の特長であるから、「平肝熄風薬」というのが正確であろう。

[PR]
# by m-kanpo | 2006-08-16 11:31 | 漢方用語

潞党参 (ろとうじん)

 キキョウ科のヒカゲノツルニンジンの栽培品を潞党参と呼ぶ。


潞党参 (ろとうじん)




関連ブログ:多くの漢方処方中の人参は党参(とうじん)を用いるのが正解かも?!
[PR]
# by m-kanpo | 2006-07-09 20:28 | 漢方用薬物(生薬)

中焦は漚(おう)のごとし

 《黄帝内経霊枢》で指摘される「中焦は漚のごとし」より、


漚 (オウ)




参考文献:肝は下焦だけでなく中焦にも属する

[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-13 13:40 | 漢方用語

古今録験続命湯 (ぞくめいとう) 中医方剤学文献

   古今録験続命湯(《千金方》)

 【組成】 麻黄(去節) 肉桂 杏仁(皮と先端部および双仁を除く) 炙甘草 当帰 川芎 人参 乾姜 石膏(砕いて綿に裹む)
 【用法】 水煎服用。3回に分服し、1回の服用で汗が出れば癒える。発汗がなければ再服する。風に当たらないようにする。
 【病機】 営衛空虚・風中腠理。
 【治法】 扶正袪風・調和営衛。
 【適応証】
 (1)中風痱による身体の運動機能の麻痺・言語障害・意識朦朧・知覚麻痺・あるいは筋肉がひきつって寝返りができないなど。
 (2)仰臥できずに起坐呼吸・咳逆上気による呼吸困難・顔面の浮腫。



    以上は中医学的文献:陳潮祖著「中医病機治法学」より

続命湯の使用時期についての参考文献としては
    続命湯を代表とする外中風邪と脳血管障害の関係

[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-12 00:40 | 漢方処方

啐啄同時 (そったくどうじ)

 禅用語


啐啄同時 (そったくどうじ)


                          
                  (碧巖録、第七則の評唱中の一句)
[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-09 12:35 | 第二水準漢字

香薷散 (こうじゅさん)




香薷散 (こうじゅさん) 《和剤局方》

 【組成】 香薷 白扁豆 厚朴。
 【用法】 水煎し3回に分けて冷服。
 【病機】 感受寒湿・表裏同病。
 【治法】 除湿解表。
 【適応証】 夏季に納涼・飲冷したために寒湿を感受して陽気が陰邪〔寒湿〕に侵襲され、皮膚が蒸されるような熱感・畏寒〔寒がる〕・頭重・頭痛・無汗・腹痛・吐き下し〔嘔吐・下痢〕・舌苔は白・脉は濡など。

[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-06 09:34 | 漢方処方

膜原と腠理 (まくげんとそうり)

 少陽三焦とは、陳潮祖教授が御高著で指摘するように、膜原と腠理から構成される機能体を指している。そしてこれらは肌表、五臓六腑、四肢百骸の各組織と連絡し、津と気が昇降出入する交通路となっているものである。


膜原と腠理



膜原(まくげん)は臓腑や各組織器官を包み込む膜のこと。

腠理(そうり)とは、膜外の組織間隙のこと。

もっと詳細に述べれば、腠理というのは、皮膚・肌肉・筋腱・臓腑の紋理や間隙などの総称であり、皮腠・肌腠・粗理・小理などに分けられる。腠理は体液のにじみ出る所であり、気血が流通する門戸であり、外邪が体内に侵入するのを防御する働きがあるなどと解釈されるのが一般であるが、
下線部の「気血が流通する」とい点については疑義があり、「気津が流通する」というように、気と津に限定すべきだと愚考する。血を全面的に含めてしまうと、あまりにも流通物質が拡大し過ぎるので、主として気と津とにある程度限定的に捉えたほうが合理的であろう。

 ともあれ三焦とは、膜原と腠理から構成される機能体を指しているわけだが、これらは肌表・五臓六腑・四肢百骸の各組織と連絡し、津と気が昇降出入する通り道である。
 そしてこの膜原と腠理はまた、肝が主る筋膜組織に属するものであるから、疏泄を主る肝との関係は大変密接なものである。それゆえ、肺気・脾気・腎気ばかりでなく肝気も加わって、主にこの四臓の機能が協力して実現される「津気の運行」が実際に行われている区域こそ、膜原と腠理から構成される「少陽三焦の腑」としての実体なのである
 と同時に、これら肺脾腎肝が協力して行う津気運行の働きのみを取り出して概括したものがすなわち「少陽三焦の機能」の実体である。


参考文献:猪苓湯と少陽三焦
[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-02 23:51 | 漢方用語

防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう・ボウイオウギトウ)

 日本の防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)の配合薬物は、防已(ぼうい)に温性のオオツズラフジにあてているため、方剤全体が温補に偏ってしまっている。このオオツズラフジは、中国では清風藤(せいふうとう)と呼び、寒性の漢防已とは別物である。
 このため、本方剤を変形性膝関節炎には、昔ほど有効ではなくなったようだ。
数十年前までは、患部の冷えを訴える人が多かったので、変形性膝関節炎などに優れた効果を発揮していたものだが、近年、患部に熱感を感じる人が断然多くなっているために、本方単独では無効なことが多い。
 従って、本方剤に地竜や石膏を加えるなど、寒熱に配慮した工夫が不可欠となる。


防已黄耆湯



 このように、日本の防已黄耆湯は、中国における防已黄耆湯とは異なることを認識しておく必要がある。
[PR]
# by m-kanpo | 2006-06-02 14:05 | 漢方処方