サーチエンジン登録の問題点

SEO対策、大手検索エンジン上位表示を目指す一つの方法に、各サーチエンジンさんや相互リンク専門サイトさんへの登録や相互リンク登録の手段があるが、気をつけなければ実質的には登録されていてもまったく無効な場合が結構多いことだ。

各サーチエンジンさんには、単なる登録をしてもらうだけよりも、相互リンク登録の方が有利である。
多くのサーチさんでは、相互リンク登録サイトさんを優遇して上位表示してくれる分、その掲載ページが大手検索エンジンに登録されているので、有利である。

各サーチさんは、登録数が増えるほど下のページに移動してしまい、そのページはなかなか大手検索エンジンにはクロールされずにキャッシュされないまま、ということが比較的多い。

結局、下に埋もれたまま、登録が有効に働かないということである。

これまで、折々に調査してみたところ、意外な数、埋もれた登録が発見された。

特に初陣で頑張ってきた漢方薬専門・漢方相談/村田漢方堂薬局に多いのではないかと思われる。

初期にはほとんど相互リンクしてもらわずに登録だけを頑張った時期が多かったから。

初陣の頃には登録活動自体にも相当な抵抗があり、知らない世界に入っていく訳のない恐怖感があり、恐る恐るの活動だったから、なおさら相互リンクにも抵抗感があった。

いまから思えば、逆に無知ほどこわいものはない、とさえ思えるほどのへっぴり腰だったのだ。

まあ、結論から言えば、下に埋没してしまうような登録は気をつけなければ、登録の意味を成してないこともあり、また相互リンク専門サイトさんへの相互リンクでも安心できないこともある。

そのページが3階層目以下の場合は、サイトマップが用意されてない限りは、そのページが大手検索エンジンにキャッシュされてない場合もあり、また、たとえキャッシュされていたとしても、更新が半年後だったり次の更新で登録から削除されかねないページであったりで、サイトマップが用意されてないような相互リンク専門サイトさんは、3階層目以下の登録は気をつけたほうが良い。

しかしながら、サイトマップが用意されているサイトさんであれば、3階層目であれ4階層目であれ、たとえ5階層目でも、実質的には2階層目に近いことになるので、多くはしっかりキャッシュされている、つまり登録されているページであることが多いものである。

ページ数の多い相互リンク専門サイトさんこそサイトマップは必需品であるはずだが、これが意外に用意されてないサイトさんが多いのであった。
[PR]
by m-kanpo | 2006-01-24 12:31 | ネット界に対する考察
<< ブログにもサイトマップが必要に... 相互リンク専門サイトの宣伝 >>